葬儀・葬式・家族葬のことなら平成社にお任せ下さい。 あらゆる宗旨、宗派のご葬儀も対応いたします。

TEL0120-090-042
寝台車・ご葬儀のご依頼は24時間対応

「家族葬」とは


 新しい葬儀スタイルの一つで近年の葬儀の代表格になりました。 風習やしきたり、付き合いを重視する葬儀ではなく、家族・親族を中心に営まれる葬式。故人の親しい友人が参列することもあります。

[補説] 「家族葬」という名前は平成初期にマスコミやネットを通じて付けられましたが以前は身内だけで内々に葬式をすることを「密葬」と言っていました。現在では後日に「偲ぶ会・お別れ会」を行うこともあります。

まとめ

 本来、葬儀は遺族や親近者によって営まれ、故人が無事成仏できるよう祈る儀式です。また、告別式は故人の友人・知人が、お別れをする儀式です。しかし、大型葬儀以外は、葬儀 告別式を1時間程度で行うのが一般的な葬儀です。なので、家族葬の場合、一般的な葬儀と比べて安く済みます。しかし、安くなるからといって家族葬を選択するのは望ましくありません。故人の遺志を尊重し、家族葬がふさわしいか検討するべきです.

事後の挨拶状 ①



事後の挨拶状 ②



↑ PAGE TOP