葬儀・葬式・家族葬のことなら平成社にお任せ下さい。 あらゆる宗旨、宗派のご葬儀も対応いたします。

TEL0120-090-042
寝台車・ご葬儀のご依頼は24時間対応

一般的に人が亡くなってからの四十九日間を中陰といい それが過ぎると満中陰(忌明け)といいます。

 仏教では死者の霊は、亡くなった日から7週間(四十九日)はこの世とあの世をさまよっているとされています。
 死後七日目から四十九日目まで、七回の生前の所業(善行、悪行)の審査があり35日目には地獄を支配している閻魔大王による 天・人・修羅・畜生・書き・地獄の六道のいずれに進むかの裁きが下り49日目に判決が確定する。遺族はこの間、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない故人が成仏できるように祈ります。
 七日ごとに行われる法要は死者が良い世界に生まれ変われるように残されたものが追善供養(死者に変わって功得を送る)するものです。

浄土真宗の中陰勤行・中陰の飾り方

 ご家族が亡くなったのち初七日、二七日、三七日…六七日、七七日(四十九日)というように7日毎に勤められる法要を中陰法要といい、最後の七七日(四十九日)はとくに満中陰として丁重にお勤めします。
 中陰法要では正信偈が勤められることが多いようです。

 浄土真宗では七日毎の中陰はお仏壇の前で行われます。

 ※故人は阿弥陀様の本願力によってお浄土に往生されるのでお勤めの対象は故人にでは無くお内仏の阿弥陀様と言う事になります。

 中陰飾りは飾段に遺影,遺骨,位牌を安置し、御仏飯,樒をお供えします。
遺骨は満中陰(忌明け)後に納骨します。

浄土真宗では、中陰の意味合いが違ってきます

 七日毎の中陰法要は亡くなった方への追善回向のためのお参りではないからです。

 浄土真宗では亡くなると同時に阿弥陀様の救いによってお浄土へ往生するという考えにたっています。故人が裁かれるとか迷うとかそんな考え方もありません。

 つまり旅をするまもなく浄土に往生されるので追善供養や冥福を祈る必要もないわけです。

追善供養でなければどういうお参り?

 亡き人の遺徳を偲ぶとともに、この中陰の法要をご縁としてより深くお念仏の教えを聞き、阿弥陀様への感謝の念を深めるための法要となります。
 故人ではなく阿弥陀様に手を合わせるのはこのためです。
 また残された私達に人生の無常や生きる意味というのを改めて考える期間を故人が用意してくれたと解釈します。

満中陰までの仏壇の飾り方

 中陰用の白い打敷(ない場合は裏返して白い方を表にします)を掛けます。華瓶に樒か青木を立てます。御仏飯は仏飯台に置いてお供えして下さい。
※臨終の際や中陰中に仏壇の扉を閉めない!

 私たちの力ではどうがんばってもお浄土に往かせる事はできません。阿弥陀様のお力でお浄土に還る事が出来るのです。
 ですから阿弥陀様に対する勤行や合掌などを行うのです。だから、臨終勤行(枕経)は、仏壇を開き、仏壇の前で行われるのです。

仏壇がない場合の中陰飾り

 中陰壇に六字名号か阿弥陀如来の掛軸を安置します。ご本尊の正面を避けて遺影,遺骨,位牌を安置します。三具足の花立に樒、仏器に御仏飯をお供えします。
※お勤めの対象は阿弥陀様と言う事です。

気にしなくていいこと

×四十九日が3ヶ月に渡ると良くない
始終苦が身につくという語呂合わせなので気にする必要はありません。
※月の後半に亡くなれば四十九日が三か月にわたります。

×中陰中は蝋燭の灯りを絶やさない
ローソクの灯りは阿弥陀様の知恵を表しています。浄土真宗では常に火がついていないとあの世へ旅立った死者が迷うという考え方はありません。
※お参りの際に灯りをともして下さい。

×線香も絶やしてはいけない
亡くなった方の食事が煙しか食べられないという考え方からなので必要ありません。
※仏前で線香を焚くのはよい香りを仏さまにお供えして感謝の気持ちを表しています。お線香は香炉の大きさに合うように折って寝かせます。

忌明けに遺骨や遺影はどうしたらいい?

 遺骨は満中陰が終わったらお墓などに納骨しましょう。これという時期の決まりは有りません。納骨する迄はお仏壇の正面を避けた前方や床の間に台を設けてそちらに納骨まで安置しましょう。

 遺影を部屋に掲げる場合はお仏壇に向かって右か左の壁のなげし部分 または家具の上にスタンドを用いて立てても良いでしょう。

※遺影も遺骨もお仏壇に入れないのは、お仏壇はあくまで阿弥陀様を安置する場所という考え方です。

まとめて気をつけたいこと

・七回忌を勤めたら過去帳等に書き変える。
・仏壇に他宗の仏像や遺影写真は入れない。
・お仏壇の設置場所に決まりはありません。
・合掌礼拝時にご本尊を見下ろさないように お仏壇の高さを工夫します。
・ご本尊をお迎えした時はお寺さんをお呼び して「入仏式」を行って下さい。

↑ PAGE TOP