葬儀・葬式・家族葬のことなら平成社にお任せ下さい。 あらゆる宗旨、宗派のご葬儀も対応いたします。

TEL0120-090-042
寝台車・ご葬儀のご依頼は24時間対応

 お布施とは、読経を頂いた謝礼として僧侶へ金品を渡すことをいいます。または、ご本尊をおまつりするお寺への援助などとして渡すお金の事です。

※お布施は気持ちでお渡しするものであり決まった金額というのはありません。各お寺様ごとに考え方もありますので、分からないという場合は、直接お伺いすることが良いでしょう。

お布施は水引は必要か?

 水引は不要だといわれていますが、地域によって異なります。本来は半紙の中包みに入れて、奉書紙で包むのが最も正式な形です。 水引を使用する風習がある場合は、一般的には双銀(そうぎん)や白黒の水引、関西では黄色と白の水引を使用することもあります。

※お布施は「お寺に対して渡すもので相手に不幸があったわけではない」ので水引を付けないほうが丁寧とも言われます。特に風習がなければ必要ありません。昔は、お布施を渡す際には細かなマナーを守って渡していましたが今では渡す方も受け取る僧侶の方も気にしないケースもあります。

黄色の水引は主に法事で使用

 関西方面の法事によく使われる水引の種類は「結び切り」を使います。この結び切りは一度結ぶとほどけないように成っている事から通夜や葬儀、法事は二度と会ってほしくないという意味で結び切りの水引を使うことになっているのです。

僧侶への車代や戒名料などにも使用

 基本的に通夜や葬儀の時の香典を入れる不祝儀袋は白黒か双銀になりますが、白と黒の水引よりも黄色と白の水引のほうが意味も和らぎますので、僧侶への感謝のお礼などは黄色と白の水引の不祝儀袋を使います。

白い封筒の場合、かならず一重のもの

 二重であると、同じことが二度起こるという意味で良くないものとされています。
※これ一度限りという気持ちを込めて白い一重の封筒で渡すのがマナーになっています。

表書きも忘れず!

 お布施の表書きも一般的なものを覚えておけば安心です。
※「御布施」「御法礼※浄土真宗」など。

※不祝儀袋と同様に白封筒の上半分に表書き、下半分に施主の苗字や指名を書きます。お布施を渡す機会は、葬儀だけでなく、四十九日、一周忌などの法要のたびに訪れます。

お布施は印字より手書きで

 お布施の表書きは、出来る限り自分の手で書くようにしましょう。
※お布施の表書きは普通の黒墨で書きます。

 またプリントしてあるものでも、自分の名前は手書きできちんと書くのがマナーです。

お布施で渡すのは新札でも旧札でも大丈夫!

 通常、お祝いの際に祝儀袋に入れるお札は新札で入れるのが一般的です。そして逆に葬儀や法事などで香典袋に入れるお札は旧札もしくは新札に折り目を付けて使用するのが一般的です。

※お布施はお盆か袱紗(ふくさ)にのせて両手で差し出すのが丁寧でしょう。

まとめ!

・表書きは黒い墨でハッキリ丁寧に
・表書きは一般的なもので大丈夫
・表書きは出来れば自分で丁寧に
・お金も封筒に合わせて用意する
・お布施袋は白封筒で郵便番号枠のない物
・封筒は二重だと不幸が重なるので使用不可
・お布施はお盆か袱紗にのせて両手で差出す

↑ PAGE TOP